×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[ナイスな情報]

<大人気激安shop>

NYOHO-PARもしもShop

-- MENU --

<病気の症状や対策>

インフルエンザ予防マスクN95
自閉症の特徴症状
後頭部の痛み(頭痛)
老眼の症状
脳卒中の前兆症状予防
めまいの原因
夏バテ 症状
心筋梗塞の原因
膝の痛みの原因症状
肩こりの原因と解消法
大人ニキビの原因・対策・化粧品
ピロリ菌の除去、除菌

<健康生活情報>

酸素カプセル レンタル
ピアス穴あけは病院で
視力回復法「オサート」
目のレーザー治療
葉酸の効果

<美容関連>

枝毛の原因や対策
毛穴の掃除
お腹の引き締め
O脚の治し方
顔のむくみ、たるみ。対策や治療法
二の腕の引き締め方
おでこ にきびの治し方
玄米ダイエットはマクロビオティック効果
玄米の上手な炊き方食べ方
加齢臭の対策。女性も必読
プロテインの飲み方

<快適商品情報>

ペットフレッシュナーとは
グリーンヘイズとは
水素水 効能効果
加齢臭シャンプー

<リンク・アラカルト>

結婚式パーティ披露宴の簡単ヘアアレンジ
簡単ヘアアレンジまとめサイト
卒業式&謝恩会の袴姿のヘアアレンジ
ショートでも簡単ヘアアレンジ。サイト集
ミディアムの簡単ヘアアレンジ。サイト集
ロングの簡単ヘアアレンジ。サイト集
身長を伸ばす方法いろいろ
簡単ベランダ菜園
祝儀袋 表書きなどのマナー集

肩こりの原因と解消法を知って、つらーい肩こりを解消しよう

肩こりの原因と解消法を知りましょう。肩こりに効果的なツボやマッサージ、治療法、解消枕、ストレッチやネックレスと肩こり解消法も様々。肩が重い・だるい・パンパンに張っている・・などなど、辛くて不快な肩こりですが「もう年だから」「病気ではないから」と肩こりをそのままにして肩こりがひどくなると頭痛や吐き気、しびれを伴って日常生活にも支障をきたしますから、「たかが肩こり」と軽く考えすぎない方がいいですね。肩こりの原因とメカニズムを簡単にまとめると・・長時間の無理な姿勢や不自然な体勢、またストレスなどで筋肉に乳酸などの疲労物質が溜まる→筋肉が固くなる→血管が圧迫され血行が悪くなる→疲労物質が取り除かれなくなり、さらに筋肉が硬直する・・という具合。一方、肩こりで硬直した筋肉は、痛みやしびれなどの刺激を伝える末梢神経も圧迫したり傷つけたりしますから、こうした症状が出てきていたらかなり肩こりは進行&慢性化してると言えます。また寒い季節は無意識にキュッと身を縮めたりして、不自然な体勢になりがちです。それでなくても運動不足になりがちで血行不良を起こしやすい時期ですから、肩こりを悪化させないよう肩こりの原因と解消法を知って、早めに対処してくださいね。最近人気のクイックツボマッサージなどは、肩こりに効果があると同時に気持ちのリフレッシュもできますね。

肩こりや眼精疲労に効果的な商品情報はこちら>>

気になる商品情報を検索してみよう!
※商品一発キャッチャー:見つかるZOU 検索窓


万病の元〜『冷え』にもつながる肩こりは、女性にとって大敵です!

肩こりで筋肉が固くなると血液の循環を悪くして血行不良を起こしますが、そうなると怖いのが『冷え』です。冷えは万病の元とも言われるように、肩こり以外にも便秘・下痢、月経痛、頭痛、頻尿・稀尿、不眠などの不調を招くだけでなく、ダイエットにも大敵なんですよ。肩こりそのものもですが、血行を良くして冷えを遠ざけることも心がけてくださいね。肩こりの解消法の基本は、まず、今からすぐに始めて欲しいのが、筋肉を緊張させ血流を悪くする「体を締め付ける下着や衣類」「足に合わない靴」を身に着けないこと。パソコンのデスクワークなどで長時間同じ姿勢を取らざるを得ない方は、1時間に1度はストレッチをして、肩や首をゆっくりと回したり、大きく伸びをしたりして筋肉の緊張を定期的に和らげることが肩こり解消の基本です。そしてより効果的な肩こり解消法は家に帰ったら、できれば足湯・腰湯で身体の血行をよくすること。これは肩こりを元から治すことにもなり、もちろん全身の血行も良くしてくれるので毎日は無理でも出来る限り行いましょう。また便秘にならないよう食物繊維を摂り、体を冷やす甘いモノはちょっとガマンしましょうね。

マイナスイオンパワーで肩こり解消。肩こり対策グッズはこちら>>

思いがけないところに潜む、肩こりの原因あれこれ。

長時間のデスクワークやパソコン操作が肩こりの原因となっていることは、多分どなたでも感じていることですが、さらに見ていくと「目の疲れ」も肩こりと深い関係があります。ディスプレイや書類などを見続けようとすると焦点の調節機能が低下して物がぼけてくるので、焦点を合わせようとして無理をする→結果として視神経だけでなく、視線を維持するために重い頭を支える首や肩にも負担をかけることになります。目の疲れは肩こりの原因にもなります。目が疲れたなと思ったら、同じだけ肩や首にも疲れが溜まっているサインです。また、少し意外な気もしますが「肥満」も肩こりの原因のひとつと言われています。余分な脂肪がついた分体重も増えるわけですが、逆に筋力は落ちているので肩や背中にもそれだけ負担がかかります。さらに、太ると姿勢も悪くなりがちで運動不足にもなりやすいので、ますます肩こりを悪化させて行きます。ただ、かといって肩こりを解消しようと急に激しいスポーツなどで減量しようとするとかえって筋肉を痛めますので、肩こり解消の対策として、まずはウォーキングといった軽い運動で少しずつ体重を減らすことから始めましょう。

パソコンを長時間使う方にお勧めなサプリなど健康サプリのいろいろはこちら>>

★旬の情報[楽天]

spacer.gif